A

Ashida Architect & Associates

facebook
twitter

HP屋根の家 Tokyo, 2016

都内の住宅地に建つ家族3人のための住居。シンプルな平面構成の中にいかに豊かな様相を組み込むことができるかをテーマにした。1階に個室と水廻りをまとめ、2階は大きなワンルームのリビング・ダイニングとしている。光が降り注ぐ大きなワンルームに天井や床の高さを変えていくことで、場所毎に生活の所作が規定されるようなつくりとなっている。リビング・ダイニングには、ピットと呼ばれる掘り込みを設け、床に座って落ち着けるようなスペースを設けた。2階には小さなテラス、3階には大きなルーフテラスを設け、気分に合わせてくつろぐ場所を変えられる。人を招くことの多いクライアントのライフスタイルに合わせて、全ての場所がそれぞれの場所から見えるようになっており、賑やかな空気感が生まれることを意図した。角地に建つこの住居は、北側と合わせて3方向からの斜線制限を受ける。その制限に対し、屋根をHP曲面(双曲面)状にすることで、シンプルな構造躯体と施工性をよくしながら、動きのある空間が実現できている。

所在地:東京都大田区
建築面積:49.04㎡
延床面積:89.17㎡
規模:地上2階
用途:住居
構造:在来木造
建築:蘆田暢人建築設計事務所 担当:蘆田暢人、勢井彩華
構造:村田龍馬設計所 担当:村田龍馬
施工:栄港建設 担当:古岡優典、浦山弘樹
写真:繁田諭

002

001

005

003のコピー

007のコピー

009のコピー

010のコピー

012のコピー

014のコピー

013のコピー

015のコピーのコピー

016のコピーのコピー

018

019


WORKS