A

Ashida Architect & Associates

facebook
twitter

西葛西の住居 vol.1 Tokyo 2014

日当たりがあまりよくないためになかなか借り手がつかなかった賃貸マンションの一室を改装したプロジェクト。
少ない光をできるだけ確保するために、窓に面して広めのリビングダイニングを配置し、壁と天井を明るく仕上げ、さらに照明を天井に当てることで明るさ感を補強している。床は、住まい手が変わる賃貸マンションに対して、傷が目立たず張り替えも容易な足場板の古材を採用した。トイレやバスルームなどの水廻りが入るヴォリュームは、合板を使って色ムラを出すことでローコストながら質感のある壁となっている。

所在地:東京都江戸川区
規模:53.82㎡
建築:蘆田暢人建築設計事務所 担当:蘆田暢人
施工:株式会社リペア
写真:繁田諭

We renovated a room of rental apartment in Nishi-Kasai that does not get much sunshine. In order to get sunshine as much as possible, we arranged the enlarged living room besides windows, painted walls and ceilings for bright white, lighted the ceiling from walls. We adopted used cedar for flooring so as not to be conspicuous of stains and cracks, so as to change easily. And the partial wall made of uneven colored plywood could make the cost down and gain the feel of the material.

aera : 53.82㎡
construction : REPAIR Inc.
photo : Satoshi Shigeta

 

 

 

 

 

1-2

1-1

3

4-1

4-2

6

2

5

 


WORKS