A

Ashida Architect & Associates

facebook
twitter

変形方形屋根の家 Mito,2020

平屋という形式は豊かである。その豊かさを最大限に享受できるよう、木の架構を現しにした一つ屋根の下におおらかな空間をつくった。屋根は、家族団欒の中心となる造り付けの食卓の上に棟を集め、その頂点には大きなトップライトを設けた。家の中心、家族の中心にいつも光が差し込む。必然的に屋根は方形形状になった。敷地の形状から導かれ、一つの頂点を大きく引き伸ばすことによって生まれた軒下空間は、日差しを防ぎ、雨の日でも使える外土間空間となる。外土間に向かって大きな開口を設け、開口部を挟んで内と外は同じ床レベルとした。開口部際に設けたベンチは内からも外からもつかえるようにしつらえている。そのしつらえは、内外の使い方を区分しつつも、空間的にはつなげることを意図したものである。これによって、外にいても空間的に中と繋がりを持ちながら過ごすことのできる屋外空間が生まれた。くしくもこの住宅は新型コロナウィルスによる最初の緊急事態宣言下に竣工した。外出自粛によって外で遊べない子どもたち、在宅ワークとなった大人たち、息の詰まるような自粛生活の中で家族全員の憩いの場所として、この大きな軒下空間が働いている。

所在地:茨城県水戸市
敷地面積:224.91㎡
建築面積:106.14㎡
延床面積:98.03㎡
規模・構造:木造平屋建て
用途:住居

設計・監理
建築:蘆田暢人建築設計事務所 担当:蘆田暢人、勢井彩華
構造:村田龍馬設計所 担当:村田龍馬、小坂大和
施工:KUNO 担当:久野貢司
写真:繁田愉

掲載
KLASIC

 

015

010

014

013

006

004

002

001

 


WORKS