A

Ashida Architect & Associates

facebook
twitter

熱海の塔状住居 Atami, 2020

[地形と構法から形を生み出す]
熱海の急傾斜地に計画されたこの住宅では、海へと広がる雄大なビューを最大限に獲得するため、クライアントからはリビングルームを4階レベルに設け、各室を下層階に配すること求められた。海から吹く風が強く、風による振動を防ぐためにRC造を採用することとしたが、必要な室ヴォリュームと求められた高さを確保するには、塔状の形状と最上階に大きなヴォリュームが必要であった。急傾斜地の敷地でのRC造の施工を考えると、最上階がキャンチレバーとして張り出す建物の形状は無理がある。支保工を建てることができないためである。そこで、求められた各階のヴォリュームをずらしながら積んでいくことで、一層下の階が支保工の土台となり、求められたヴォリュームと高さを確保することができた。ずらすことで生まれた空隙には、テラスや将来増築が可能なスペースを設けた。

所在地:静岡県熱海市
敷地面積:282.42㎡
建築面積:46.54㎡
延床面積:139.38㎡
規模・構造:地上4階・鉄筋コンクリート造・耐力壁付ラーメン構造
用途:住居

設計・監理
建築:蘆田暢人建築設計事務所 担当:蘆田暢人
構造:村田龍馬設計所 担当:村田龍馬、小坂大和
施工:大同工業 担当:原慎一郎
写真:井上玄
プロデュース:アーキビルダーズ

掲載
architecturephoto

01

02

03

04

06

05

07

08

10

PLAN

 


WORKS